世界にも誇れる「自然首都・只見」、白神山地の4倍もの広さのブナの森がひろがっています。国内有数の豪雪地帯でもあり、豊かな水は只見川の支流、木の根沢から叶津川に注いでいます。里山のそんな自然の恵みをうけて泉太(せんた)の稲は育ちます。平成18年に「どぶろく特区」の認定を受け、自家産米で仕込んだどぶろくを製造販売しています。原料は米と米麹だけの昔ながらの製法。食米を使ったぜいたくな逸品です。


3種類の味

・ぶなの泉(いずみ)  辛口

・ぶなの雫(しずく)  甘口

・ぶなの煌(きらめき)旨辛口

 

※ぶなの煌は、精米歩合70%の贅沢なつくりになります。

3種類のサイズ

・720ml 4合

・300ml 1.7合

・180ml ワンカップ

2種類の風味

・瓶:火入れをして発酵を止めているので、まろやかな仕上がりになります。開封するまでは冷暗所で保存できます。

・冷凍パック:火入れをせず麹が生きたまま冷凍しています。瓶より風味豊かな仕上がりです。


お知らせ

2020年4月10日

 新型コロナ完成拡大防止のため当分の間、民宿は休館します。
  ※どぶろくの販売は継続しております。


2020年4月1日
 “ぶなの煌(きらめき)”  旨辛口 720ml、300mlが新発売。


2015年3月1日
 “ぶなの泉(いずみ)”  辛口  300ml、 “ぶなの雫(しずく)”  甘口  300mlが、新発売。


2014年6月11日
只見町が「ユネスコエコパーク」に登録されました。(国連教育科学文化機構(ユネスコ)の、自然保護と活用の両立を目指す生物圏保存地域)


2014年3月26日
消費税率引き上げに伴う運賃・料金の変更いたしました。


2013年
 奨学米プロジェクト参加 コメオヤとなりました。


2007年2月5日
 調第1017号酒類製造許可


2005年
 濁酒製造特区認定11号を取得


 ※未成年者への酒類の販売はいたしておりません ※お酒は 20歳になってから